遊びの未来をテーマにインターンシップ

投稿日:

最終日の審査発表会の模様。

 愛知、岐阜の両県で店舗展開する善都は2月10日から16日まで、学生を対象とした企画型インターンシップ「PREZENTATION」を開催した。昨年に続き2度目の開催となる。

 テーマは「遊びの未来を考えよう!」。参加した学生24名が5つのチームに分かれ、自分たちと同年代の若い世代の顧客をどのように創出していくかを課題に、そのアイデアを競い合った。課題を進めるにあたっては、同社《ZENT名古屋北店》での職場見学や遊技体験などを通じて、遊技業界への理解を深めた。

 最終日には審査発表会を実施し、各チームがインターンシップでの成果を発表。審査員を代表し、同社・都筑善雄代表取締役社長が、「結果も大切ですが、やり切ったという達成感が君達の財産になると思います。ここでの出逢いを大切にするとともに、この体験を今後の就職に役立ててください」などと総評した。

 なお、優勝チームには「@FM(アットエフエム)への番組出場権」がプレゼントされた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると