西陣から甘デジ2タイトルが登場!

投稿日:

『CRAベルサイユのばら 遙かな時を超えてGLST』

 西陣は2月8日、パチンコ新機種の『CRAベルサイユのばら 遙かな時を超えてGLST』と『CRA沖キュンそーれXGL』を発表した。

 両機ともすでにホールデビューを果たしている先行機の甘デジスペック。『CRAベルサイユのばら 遙かな時を超えてGLST』は遊びやすさとバランスを重視し、『CRA沖キュンそーれXGL』は継続率に重きを置いたスペックとなっている。

 『CRAベルサイユのばら 遙かな時を超えてGLST』は大当たり確率1/89.90(高確率時1/19.45)で全大当たりにST10回転+時短30回転の電サポ40回転がつく安心仕様。継続率は約58%で、電チューの振り分けは15R(払出値1200個)が20%、7R(同560個)が30%、5R(同400個)が50%とバランスが取れている。過去に高稼働を記録した同シリーズの甘デジタイプと同様に、わかりやすくバランスの取れたスペックで多くのプレイヤーに訴求する。

 一方、『CRA沖キュンそーれXGL』は時短突破型のゲーム性を組み込むことで、右打ち中の継続率を高めている。

 大当たり確率は1/89.90(高確率時1/11.30)。ヘソからの大当たりは全て時短50回転が付与される5R通常(払出値360個)となり、その時短内に再度大当たりに当選することでST10回転を含む電サポ50回転に突入する仕組みだ。

 ST10回転を含む電サポ50回転の継続率は約75%と甘デジタイプでは高め。電チューからの大当たりは15R(同1080個)が10%、5R(同360個)が90%と大半は5Rになるが、7セグによるシンプルでスピーディーな演出と継続率約75%の高い連続性でプレイヤーを魅了する。

 なお、両機とも納品は3月21日予定。
(C)池田理代子プロダクション
(C)NISHIJIN

  • 『CRA沖キュンそーれXGL』

    『CRA沖キュンそーれXGL』

-新台

© 2021 グリーンべると