伊豆理事長、労働環境の改善に強い意欲

投稿日:

厳しい1年を迎え危機感を共有。

 回胴式遊技機商業協同組合は1月18日、都内で関東・甲信越支部の新年研修会を開催した。

 この中で挨拶した伊豆正則理事長は、同組合が行ってる労働環境の実態調査に触れ、

「夜間の販売会社の労働環境は劣悪な状態になっている。納品、設置時の労働環境を改善していかなければならない。まずは、現場の声を正確に報告してほしい。その声をまとめて行政、ホール、メーカーに要望を出し、正しい労働環境を作っていきたい」などと話した。

 また、業界を取り巻く昨今の状況に触れ、「社会的に認知されるように産業構造を変えていかなければならない。そのためにはまず決断し、実行すること。やってみて初めてわかることもある」と、まずは実行ありきを強調した。

 この後の講演では、税理士・行政書士で新井経営会計代表取締役の新井庸義氏がマイナンバーへの対応について実際に用いる書類様式などを用いて実践的に説明。

 研修会に続いて行われた懇親会では来賓を代表して、東京都遊技業協同組合・阿部恭久理事長と日遊協東京都・関東支部・西村拓郎支部長の両氏が挨拶した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると