成通グループが児童養護施設をクリスマス訪問

投稿日:

児童養護施設に50インチの大型テレビをプレゼント。

 成通グループ(岡山市、千原行喜代表取締役)は12月24日、岡山市内の児童養護施設「新天地育児院」で恒例のクリスマス会を催した。千原代表をはじめ、岡山市ぱちんこ業協会の片岡和久事務局長、成通グループ社員ら12名が訪問した。

 成通グループ社員がサンタクロースに扮し、50インチの大型テレビを贈ったほか、クリスマスケーキやお菓子などを児童たちにプレゼントし交流を楽しんだ。また、岡山市ぱちんこ業協会と成通グループが合計40万円を同施設に寄贈した。

 この活動は1977年から続けられ、今回で39回目となった。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると