「子ども達の成長が嬉しい」恒例のXmas会に参加

投稿日:

子ども達にプレゼントを手渡す板倉佐長。

 《イル・サローネ》《エリート》の屋号で店舗展開するアサヒディードは12月20日、児童養護施設「慶徳会 子どもの家」で開催された「ドリームフェスタ2015」に参加。同社の板倉社長が施設の子ども達に、ひと足早いクリスマスプレゼントを手渡した。

 板倉社長が到着すると子ども達は大喜びで出迎え、図書券とプレゼントを手渡されると「毎年ありがとうございます。大切に使います」と笑顔で感謝を述べた。

 その後、板倉社長は施設内の掲示物や子ども達の舞台を鑑賞するなどし、子ども達の成長を実感。「昨年と比べてお子様達が成長されていて嬉しい。毎年お子様達の舞台も凝っており、楽しむことが出来た。来年のクリスマス会も楽しみにしながら慶徳会様との繋がりを大切にしていきたい」と語り、子ども達と一緒に楽しいひと時を過ごした。

 同社の参加は2006年から始まり今回で9回目。また2009年からは大阪府茨木市で営業する《イル・サローネ茨木店》も同施設に支援を開始、12月16日にお客様からの善意を玩具やお菓子として寄贈した。

  • 子ども達の手作りによる装飾で施設内は彩られた。

    子ども達の手作りによる装飾で施設内は彩られた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると