元女性店長が指摘、キャリアアップに甘えは不要

投稿日:

色彩心理セミナーでは、色が身体や心に与える影響などを学んだ。

 日本遊技関連事業協会は11月13日、平成27年度第2回「女性活躍推進フォーラム」を都内で開催した。

 このフォーラムは、去る9月11日に開かれた第1回に続くもの。フォーラムは全3回が予定されており、共通の参加者(ホールを中心とした女性社員)が、グループディスカッションを通して、女性が働きやすい環境やキャリアを描ける風土、女性が一層輝く企業・業界に向けての企画を考案していくほか、セミナーなどで実務に関するスキルや知識等の向上を目指すことになっている。

 2回目となる今回は、先輩社員の業界経験講演として、店長経験のあるマルハン人材開発部の渋谷恵香さんが、店長になった理由や店長として意識したこと、女性が業界でキャリアを積んでいく上での心構えなどを語った。

 とくに女性のキャリアアップの心構えについては、「女性だから、という甘えはやめてほしい。そうした甘えが見えると、周りも本気で応援できない。キャリアアップの明確な理由、覚悟を持って取り組めば、キャリアアップした時に自信につながる」と助言した。

 引き続き、カラーコンサルタントの三浦まゆみさんが「売上をアップするための色彩心理セミナー」を実施。三浦さんは、「人も商品も店も、売れる・売れないは第一印象で決まる」と述べ、その第一印象で重要となるのが視覚、目からの情報で、中でも「色」の影響が大きいことなどを説明。その上で、色が身体や心に与える効果や、色彩心理を活用した空間づくりやコーディネートなどのポイントを紹介した。

 グループディスカッションでは前回同様、5グループに分かれて、「キャリアプランニング」「ワークライフバランス」のテーマに沿って話し合った。

 第3回フォーラムは、来年2月10日を予定している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると