SNKプレイモアがパチスロ事業撤退を発表

投稿日:

 SNKプレイモア(外山公一代表取締役社長)は、パチスロ事業からの撤退を決定したことを11月2日に公式ホームページで発表した。

 同社は設立以来、ゲーム開発とパチスロ開発を中心に事業を展開に注力してきた。こうした中、近年の市場環境の変化に対応すべく、新たな成長戦略について検討を重ねた結果、パチスロ事業から撤退、ゲーム事業、ライセンス事業に経営資源を集中させることで組織体制の強化を図ることを決定した。

 パチスロ事業撤退の理由として、遊技人口の減少傾向や遊技機の規制変更によるパチスロ市場の不透明さから、事業の将来性を見出すことが困難であることを挙げている。

 なお、同社パチスロ『ビーストバスターズ』をもってパチスロ機の開発、製造、販売を終了するが、故障、修理等のアフターサービスは引き続き対応していくとしている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると