京楽産業.協賛のナイター、ブースに約3,000人

投稿日:

サプライズブースには約3,000人が訪れ、楽しんだ。

 京楽産業.は7月25日、楽天Koboスタジアム宮城で行われたプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスのホームゲーム「KYORAKUモアサプライズ‼ナイター」に協賛した。

 ナイターに先駆け行われた野球教室では、東北楽天のジュニアコーチ陣ら協力のもと、福島県相馬市の少年野球チームの子供たち約40名にキャッチボールやティーバッティングを指導。

 スタジアム正面広場に設営されたサプライズブースでは、ぱちんこ実機を使用した大抽選会を開催し、ぱちんこにちなんで7.77秒を的中させる「777チャレンジ」などのコーナーを展開。オープン時から長蛇の列ができる大盛況で、親子連れなど約3,000人が来場した。

 一方、モアサプライズステージには、子供たちに大人気のよしもと芸人・バンビーノとゼブラエンジェルの竹内舞さんが登場。ネタライブやトークを繰り広げた。また、東北楽天の塩見貴洋投手と福山博之投手もステージに登場。息のあった軽妙なトークで会場を大いに沸かせた。

(c)Rakuten Eagles
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.
(c)KYORAKU/AKS

  • 野球教室では、ジュニア野球チーム子供たち約40人が気持ちのいい汗を流した。

    野球教室では、ジュニア野球チーム子供たち約40人が気持ちのいい汗を流した。

  • バンビーノによるネタライブでは、

    バンビーノによるネタライブでは、"二―ブラ"をしてもらたい子供たちに一斉二―ブラで応えた。

  • ステージで芸人顔負けの軽妙なトークで会場を沸かせた東北楽天の塩見貴洋投手(写真左)と福山博之投手(写真右)。

    ステージで芸人顔負けの軽妙なトークで会場を沸かせた東北楽天の塩見貴洋投手(写真左)と福山博之投手(写真右)。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると