ヒカリシステムと白井市が災害時協定締結

投稿日:

協定書を取り交わす伊澤市長(左)と倉持取締役。

 千葉県内でパチンコ店7店舗などを経営するヒカリシステム(金光淳用社長)は、経営店舗の《ハップス鎌ヶ谷店》が所在する白井市との間で災害応急対策に関する支援協定を締結。7月17日には白井市役所で締結式が行われた。

 締結式の冒頭では、白井市・伊澤史夫市長とヒカリシステム・倉持利男取締役が協定書に署名。続いて挨拶した伊澤市長は、

「当市では安全・安心に暮らせるための防災計画を進めており、また東日本大震災以来、防災に対する市民の意識は高まっている。災害時の協定も公官庁19、民間企業33の合わせて52件結んでおり、いざという時、市民の大きな力になると確信している。ヒカリシステム様には、人口密集地の冨士地区にある《ハップス鎌ヶ谷店》の駐車場を災害時の避難場所として提供していただくとともに、同店の物資の提供もしていただけるとのことで、市民を代表してお礼を申し上げたい」などと挨拶。

 これを受け、ヒカリシステムの倉持取締役が、「パチンコ店の存在が地域の皆様の役に立つよう、今回の協定締結にとどまらず、更に精進したい」と応えた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると