ART「EVANGELION IMPACT」は多彩な上乗せ契機が魅力

投稿日:

『ヱヴァンゲリヲン・希望の槍』

 フィールズはビスティ製のパチスロ新機種『ヱヴァンゲリヲン・希望の槍』を発表した。

 パチスロ「エヴァ」シリーズの最新作は新試験適合のA+ARTで登場。ART「EVANGELION IMPACT」は純増約1.5枚。スタート時の基本ゲーム数は50~150+αで、ボーナス経由の他、自力高確率ゾーン、レア役での直撃抽選、ゲーム数天井(ART間1280ゲーム)から突入する。

 また、今作ではART中に多彩な上乗せ契機を搭載しているのが特徴。特に「EVA CRASH」は突入頻度も高く、ゲームフローの中で重要なポジションを占める。ARTの初当たり確率は1/465.7~1/282.7となっている。

 一方、ボーナスは純増約252枚の「SUPER BIG BONUS」と、純増約203枚の「BIG BONUS」の2種類を搭載。ボーナス確率は1/431.2~1/364.1とやや重めだが、獲得枚数の多いビッグボーナスのみを搭載。ボーナスからのART突入率も高めに設定されており、ボーナスとART、どちらの初当たりも出玉増加のトリガーとなり得るゲーム性だ。

 メダル50枚あたりのゲーム数は約34~35ゲームで、従来のA+ARTと比較すると若干ベースが高い印象。機械割は97.6~114.3%となっている。

 納品は6月下旬スタート予定となっている。

(c)カラー (c)Bisty

-新台

© 2021 グリーンべると