パチンコフェスタで新しい遊技機をお披露目

投稿日:

頻発する「小当たり」によって出玉を増やす日工組提案の新しいパチンコ機も展示された。

 日遊協は4月25日、26日に幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2015」内に『パチンコ&パチスロフェスタ2015』と銘打ったブースを出展。計44台の遊技機試打コーナーを用意したほか、芸能人らによるトークショーなどを催し、ニコニコ超会議に集まった若者らにパチンコ・パチスロをPRした。

 また、日工組が提案する新しいタイプのパチンコ機として「SUPER小当たりRUSH機能搭載機」も2機種5台展示した。

 このRUSH搭載機は、大当たり後の確率変動中(有利状態中)に「小当たり」が頻発し、ゆるやかに出玉を増やしていけるゲーム性。日工組により以下の概要が決められている。

 (1)大当たり確率は1/330以上(旧1種タイプのみが対象)
 (2)確率変動中(有利状態中)の小当たりによって出玉を獲得
 (3)大当たりと確率変動中の小当たりを合わせた獲得出玉で6400個以下
 (4)確率変動中の小当たりで得られる出玉数の上限は大当たり1回の出玉以下
 (5)平成27年6月1日からホール導入開始

 当日は、通常の確変仕様で確変中に「小当たり」が次回大当たりまで頻発するタイプと、V確変タイプでST100回のRUSH中に「小当たり」が頻発するタイプが2メーカーから参考出品された。担当者によると、いずれも大当たり確率は1/250〜1/270程度を想定しているという。発売時期等は未定。

 なお、日遊協ではフェスタブースの来場者にアンケート調査を実施、回答者にはメーカー各社のノベルティグッズなどをプレゼントした。

  • 44台の試打コーナーには終日大勢の来場者が訪れた。

    44台の試打コーナーには終日大勢の来場者が訪れた。

  • 特設ステージでは、パチンコ・パチスロとゆかりのある芸能人なども訪れた。

    特設ステージでは、パチンコ・パチスロとゆかりのある芸能人なども訪れた。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.