CRT.M.Revolutionに新スペック2タイプ

投稿日:

『CRT.M.Revolution 52ver』

 大一商会はパチンコ機『CRT.M.Revolution』のシリーズ機として「125ver」と「52ver」の2機種を発表した。

 2回ワンセットの出玉がループする「T.M.Rush」のシステムは健在。メインスペックでは100%だった突入率を約36%に抑えることで、ループ率を約65~66%にアップさせている(両スペック共通)。ワンセットでの出玉は125verが約1900個、52verが約900個。

 このスペック変更に伴い、初当たり時にT.M.Rush突入演出が追加された。

 初当たりが奇数図柄、または2種大当たりの「REVOLUTION BONUS」ならばその時点でT.M.Rush突入が確定。REVOLUTION BONUS後半の大当たり消化後に2種大当たりを目指す「7ZONE」へと移行する。

 一方、初当たりが偶数図柄の「チャレンジBONUS」ならばT.M.Rush突入をかけ「バカラチャンス」または「アンコールチャンス」の昇格演出にチャレンジ。見事成功すればT.M.Rush突入が確定し、REVOLUTION BONUS後半へと進む。昇格成功率は約47%。演出別では「アンコールチャンス」の期待度が高い。

 スペックは125verが大当たり確率1/125.02(2種大当たり含む)。賞球数1&3&6&10&13でT.M.Rushのループ率は約65%。一方、52verは大当たり確率1/52.21(2種大当たり含む)。賞球数1&3&6&7&10でT.M.Rushのループ率は約66%となっている。

 なお、両スペックともヘソ1個賞球を採用している。納品は2015年2月8日より開始予定。

(c)DIESEL Corporation
By the courtesy of Epic Records Japan

-新台

© 2020 グリーンべると