ライバルたちが待つ「道RUSH」を目指せ

投稿日:

アントニオ猪木氏が来場者に闘魂を注入すると会場は大きく沸いた。

 平和は12月9日~11日の3日間にわたり、都内ほか全国28カ所の会場で「日本全国闘魂展示会」と題し、パチンコ新機種『CR燃える闘魂アントニオ猪木~格闘技世界一決定戦~』の展示会を開催した。

 アントニオ猪木シリーズ最新作となる同機は、新筐体「RISING X」を採用。3つのディスプレイが予測不能な動きを見せる「トリプルマルチビジョン」、大当りの期待感を高める「デカドットボタン」、3つのランプが輝きながら震える「ランクアップシグナル」など多彩なギミックを搭載する。

 スペックはシリーズ初となるV確変タイプ。ST150回の確変「道RUSH」は突入率51%、継続率約80%で、RUSH中は猪木と橋本真也、武藤敬司、前田日明、藤波辰爾、長州力、モハメド・アリら往年の名選手との対戦が繰り広げられる。

 ボーナスは「道RUSHボーナス」「闘魂継承ボーナス」「てめぇの力で勝ち取ってみろボーナス」の3種類。「てめぇの力で勝ち取ってみろボーナス」では、プレイヤー自身がリングに参戦し、ライバルと闘っているような臨場感を味わえるなど、プレイヤー目線で展開される演出も特長となっている。

 大当たり確率は1/399.6(高確率時1/95.0)、ST回数は150回。道RUSH(確変)突入率51%、継続率約80%。道RUSH中の大当りは全て16Rで出玉は1,926個。それ以外の大当りは15R(実質13or14R)で1,638or1,674個(計算値)。いずれも大当たり中は右打ち。納品は2月上旬を予定している。

 12月9日に都内ベルサール秋葉原で開催された展示会にはアントニオ猪木氏が来場。新機種をアピールしたほか、来場者の中から4人を選んで闘魂を注入し、会場はどよめきに包まれた。

(C)2015 INOKI GENOME FEDERATION.

  • 『CR燃える闘魂アントニオ猪木~格闘技世界一決定戦~』

    『CR燃える闘魂アントニオ猪木~格闘技世界一決定戦~』

-新台

© 2021 グリーンべると