龍が如く見参!天照祗園編に「漢心」と「女心」

投稿日:

『CR龍が如く 見参!天照祗園編 漢心』

 タイヨーエレックはパチンコ機『CR龍が如く 見参! 天照祗園編』シリーズの新機種としてライトミドルの「~漢心」とデジハネの「~女心」を発表した。

『CR龍が如く 見参!天照祗園編 漢心』は大当たり確率1/199.8(高確率時1/62.0)でST104回転。80%以上の高い継続率が魅力だ。大当たり中のV通過が確変条件となるV-STタイプで、実質的な確変突入率はヘソ50%、電チュー100%となっている。

 賞球数1&3&5&10&15で大当たり出玉は1680個(16ラウンド)or420個(4ラウンド/ともに払出値)。電サポ中は大当たりの50%が16ラウンド大当たりとなる。初当たり時は実質5or6ラウンドで、通常大当たり後には40回転の電サポを付与。なお、内部的に確変でも演出上時短状態と見せかけることもある(内部確変なら電サポは100回転まで継続)。

 STのラスト4回転は電サポの付かない内部高確率「俺は桐生、あきらめの悪い漢」へと移行し、引き戻しゾーン的な役割を担う。

 一方の『デジハネCR龍が如く 見参!天照祗園編 女心』は大当たり確率1/99.9(高確率時1/79.3)。漢心同様V-ST機で確変突入率はヘソ25%、電チュー100%。STは100回転だが電サポは90回転。残り10回転は「俺は桐生、あきらめの悪い漢」に移行する。初当たり時は実質5or6ラウンドで、通常大当たり後には20回転の電サポを付与。

 賞球数3&5&10&12で大当たり出玉は1344個(16ラウンド)or504個(6ラウンド/ともに払出値)。漢心同様、電サポ中の大当たりは50%が16ラウンドとなっている。

 なお、両機種ともボタンモードを「オート」「通常」「チャレンジ」から選択可能。「通常」が普段のゲーム性、「オート」は通常時ボタン操作が不要となるモードで、「チャレンジ」はボタン演出が最も楽しめるモードとなっている。

 納品は2015年2月上旬から開始予定。

(c)SEGA (c)TAIYO ELEC

-新台

© 2021 グリーンべると