平和主催のゴルフツアー、沖縄での開催を要請

投稿日:

右から仲井眞沖縄県知事、石原平和グループ会長、嶺井平和社長、田中PGM社長、海老沢JGTO会長。

 遊技機メーカーの平和(東京都台東区・嶺井勝也社長)と同社連結子会社でゴルフ場経営のPGMホールディングス(東京都港区・田中耕太郎社長)は10月21日、男子プロゴルフトーナメント「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の沖縄開催について沖縄県の仲井眞弘多知事から要請を受けた。仲井眞知事が東京・上野にある平和本社を訪れた。

 この要請を受け平和・PGM では同大会の沖縄開催を検討に入ることを表明。内容が固まり次第改めて報告するとしている。

 平和・PGMからは平和グループの石原昌幸会長、平和の嶺井勝也社長、PGMの田中耕太郎社長、一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が出迎えた。

 平和・PGMは昨年から日本ゴルフツアーと共催で、プロゴルフトーナメントを開催している。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると