岡田美術館が劉海粟美術館と姉妹提携、記念展も

投稿日:

調印後の記念撮影。

 ユニバーサルエンターテインメントが運営する岡田美術館が中国の国立美術館である劉海粟美術館(上海)と姉妹提携、6月16日に都内で調印式を行った。

 また、これにあわせて岡田美術館では7月3日から9月30日までの期間、中国で「豊かな精気に満ちた聖なるもの」として尊ばれてきた「玉器」の名品を展示する特別展「-中国人の魂- 玉器の名品/特集 かわいい生き物たち」を開催する。

 劉海粟美術館は中国近代美術において教育の基礎を築いた劉海粟氏(1896〜1994)の功績を讃え創立された、中国で初めての個人名を冠した国立美術館。現在は建て替え工事のため休館中だが、近未来的なデザイン建築でリニューアルに向け準備中だ。

 調印式では岡田美術館の小林忠館長と劉海粟美術館の張堅館長が調印書にサイン。挨拶ではお互いに、美術館活動を通じて日中文化交流を盛り上げたいと意欲をみせた。

 また、上海市人民政府の楊春曼社会文化管理処長、岡田和生・岡田美術館名誉館長も登壇。楊氏は「日中文化交流の喜ばしいできごと」、岡田氏は「日中韓の漢字文明の共通点を感じている」などと挨拶を寄せた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると