県内ホールの足並みは揃っている〜新潟県遊協

投稿日:

 新潟県遊技業協同組合(佐藤孔一理事長)は6月12日、新潟市内のホテルで第63回通常総会を開催。この4月から実施している流通賞品の値上げについて佐藤理事長は、「県内のホールが足並みをそろえて運用を開始できたこと、またその定着に向け推移している」と報告した。

 一方、喫緊の課題として「若者を含めた遊技人口の回復」を挙げ、その実現には「新台入替に依存することなく、お客様の多様なニーズに応えられる遊技環境の構築など、風適法のもと、ホール個々の創意工夫も大切だ」と指摘した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると