ピーアークHD、減収ながら純利益119.4%

投稿日:

 ピーアークホールディングスは平成26年3月期決算情報(平成25年4月〜平成26年3月)を発表した。

 同期の連結売上高は1143億200万円で前期比93.4%の減収となり、その要因としてピーアーク綾瀬の建替え休業のほか4店舗の閉鎖を上げた。

 一方で営業利益は15億5600万円で前期比102%、当期純利益は9億2800万円で前期比119.4%の増益となった。増益の要因として、遊技機コストの大幅な軽減を上げた。

 今期(平成26年度)は「一客再来・再来価格チャレンジで、次世代の最強モデルを創る」を経営方針として掲げ、お客様を中心とした期待価値の創造に取り組む。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると