ゲンダイAがG2EAでマカオ観光サイトを紹介

投稿日:

「Macau Now」のトップ画面

 ゲンダイエージェンシーは5月20日〜22日にマカオ(中華人民共和国マカオ特別行政区)で開催された「Global Gaming Expo Asia(略称:G2EA)2014」に出展し、同社が制作・運営するマカオ観光情報サイト「Macau Now」などを中心に紹介した。

 同サイトはマカオのカジノ施設、カジノの遊び方などのカジノ関連情報をはじめ、現地のホテル、グルメ、ショッピング、そして入出国情報から広東語の語学講座まで、マカオの今が手に取るようにわかる情報サイト。
 
 今回で8回目となるG2EAは2007年から毎年開催され、カジノを取り巻くあらゆるブースの展示、セミナー開催等で構成され、アジアのカジノ業界で最も活気があるイベントとされる。
 
 入場者は3日間で前回比36.48%増の合計8209名(速報・主催者発表)を記録し、アジア圏におけるカジノの関心の高さを裏付けた。
 
 会場全体が活況を呈する中で、同社ブースにも多くの訪問者が訪れ、特にメディア関係者、広告会社等の関心が高かったという。同社では、今後さらに「Macau Now」のコンテンツを充実させ、タイムリーなマカオを紹介するサイトとして充実させていく。

マカオ観光情報サイト「Macau Now」

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると