平成観光、新社長に東野昌一専務が内定

投稿日:

K-na賞の大賞者を表彰する東野専務(右端)と東野常務(左端)。

 東海エリアを中心に「KEIZ」「パーラーKING」などの屋号で16店舗のパーラーを展開する平成観光(岐阜県多治見市、東野房子社長)は12月6日、多治見市内の多治見市文化会館で社員決起大会「K-nation2010」を開催した。

 当日は社員・アルバイトスタッフなど約400名が参加するなか、(有)てっぺん代表取締役の大嶋啓介氏による記念講演、同社スタッフの感動エピソードを集めた「K-na賞」の大賞発表、勤続10年表彰式などが行われた。

 また、席上では東野房子社長が来年1月1日付けで社長職を東野昌一専務取締役に譲る考えを明らかにした。なお東野社長は会長に就任し、東野専務の後任には東野竜彦常務が就任する予定。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると