ネットが“俺スロ”搭載第1弾機種を発表

投稿日:

『ハーレムエース2』

 ネットはこの度、パチスロ新機種『ハーレムエース2』を発表。同機は2007年に導入された『ハーレムエース』の後継機で、ケータイ連動サービス「俺のスロット」(俺スロ)の搭載第1弾機種である。納品は11年1月10日からの予定。

 同機はオーソドックスなAタイプで、BBが2種、CBとRBが各1種のボーナスを搭載する。純増枚数はハイパーBBがMAX335枚、BBがMAX311枚、CBがMAX312枚、RBが約130枚。BBとCBは獲得枚数アップが狙える技術介入性がある。

 手順はBB中に「チャンス」の掛け声と共にチェリー(2連図柄)がナビされた時は、左リール下段に白7をビタ押しして中・右でも白7を狙う(BB中1回でOK)。CBは「青7・サクラ・青7」が液晶に表示されたら、左リールに同じ箇所を目押し。停止した場合は右リールのナビが発生し、失敗時は2択チャレンジとなる。これら手順通りにプレイすることで最大枚数を獲得できる。

 主なスペックは、BB及びCBの合成確率が1/278(設定1)?1/253(設定6)、RB確率は1/455?1/267、ボーナス合成確率は1/172?1/130、出玉率は97.9%?112.7%。1000円あたりのゲーム数は34.0G?37.4G。チャンス役はスイカ・スベリリプレイ・チェリー(強弱及び確定あり)。BB後約900G、CB後約600G、RB後約700Gで救済RT「サクラタイム」が発動する。

 一方、俺スロは、携帯電話から無料会員登録をすることで、遊技履歴の閲覧、演出のカイスタマイズ、デジタルコンテンツのダウンロードが楽しめる新サービス。利用方法は実機にパスワードを入力して俺スロを起動し、遊技終了後にQRコードを読み取ることで遊技中の内容が保存される。サービスは同機の導入に合わせて開始される。

 遊技中のミッションクリア数によって「ナビキャラ設定」「演出モード」「キャラボイス設定」「ステージ設定」「小役カウンタ」のコンテンツが解放され、自分流に演出カスタマイズできる機能のほか、100あるミッションに付与された「スター」と呼ばれるポイントを消費することで、携帯電話の待ち受け画像や着ボイスが無料でダウンロードできる。

    -新台

    © 2021 グリーンべると