高知市のパチンコ店駐車場で車内放置死亡事件

投稿日:

 パチンコ店の駐車場にとめた車の中に我が子を放置、熱中症で死亡させる「車内放置事件」が5月12日、高知市で発生した。

 高知県警高知署は翌13日、事件を起こした高知市内の主婦、山崎ひかり容疑者(26)を重過失致死容疑で逮捕した。死亡したのは生後6ヶ月山崎容疑者の長男、隼ちゃん。読売新聞電子版が報じた。

 報道によると山崎容疑者は12日午前11時15分頃、締め切った車内に冷房もつけずに隼ちゃんを約3時間半にわたって放置、熱中症で死なせた疑いが持たれている。

 警察の調べに山崎容疑者は当初、「電器店で買い物していた」と説明していたが、その後、「パチスロをした後に、車に戻ったらぐったりしていた」と供述を一転したという。山崎容疑者は車に戻ってから近くの電器店に移動、それから119番通報していた。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると