グリーンヒルズJAPANが決起大会を開催

投稿日:

桐山社長(右)と城内議員の対談の模様。

 パーラー向けコンサルティング事業などを手掛けるグリーンヒルズJAPAN(静岡市、桐山満啓社長)は5月10日、静岡県浜松市の「舘山寺温泉 ホテルウェルシーズン浜名湖」で第8回決起大会を開催。社員のほか、取引先のパーラー企業や業界関連企業関係者が来賓として参加した。

 同日は「ベンチャービジネスコンペティション」と銘打って同社社員による新規事業の提案会が行われたほか、地元選出の城内実衆院議員(無所属)を招へいし、「日本の将来を考える」と題した基調講演が行われた。

 また、同社の桐山社長と城内議員による対談も行われ、パチンコ業界に関する桐山社長の質問に城内議員は、「レジャー産業は国の成熟度や景気のバロメーターであり、日本が従来の物質文明から精神文明に発展するためにもパチンコを含めたレジャー産業は重要になるだろう」などと述べた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると