ビームが市場投入第3弾『サラマンダー』を発表

投稿日:

『サラマンダー』

 ビームでは10月20日、東京・東上野の同社ショールームにおいて市場投入第3弾となるパチスロ新機種『サラマンダー』の内覧会を開催した。

 同機は完全告知による純Aタイプ仕様。ゲーム性はリール左の「CHANCE」ランプが点灯すればボーナス確定という至ってシンプルな内容となっており、初心者でも気軽に楽しめる。

 「CHANCE」ランプによる告知タイミングは、基本的に第3ボタンリリース後に点灯するが、プレミアム告知として(1)レバーオン時にフリーズ(2)第3ボタン停止後「キュイーン」という告知音発生(3)第1ボタンor第2ボタン停止時に点灯(4)第3ボタン停止時に通常より遅れて告知ランプ点灯+プレミア音発生(5)レバーオン時に点灯+プレミア音発生(6)全停止音が無音+プレミア音発生、などの演出が用意されており、プレミアム告知は全てBB確定となる。

 またチェリー役のみボーナスとの同時抽選が行われており、チェリー成立時の約4%がボーナス(BB)となる。ボーナスの純増枚数はBB平均312枚、RB平均104枚。1000円あたりのゲーム数平均35ゲーム。ボーナスの合成確率は1/125?1/169。納品は11月15日からスタートする予定。

-新台

© 2020 グリーンべると