前作を遥かに凌ぐクオリティ、『スカイラブ2』

投稿日:

『スカイラブ2?再会の空?』

 SNKプレイモア(細谷壯一郎社長)は2月19日、都内ホテルにおいて、パチスロ新機種『スカイラブ2?再会の空?』のプレス発表会を開催した。

 前作『スカイラブ』(2006年12月発表)の後継機で、主人公のラブ・ハート率いるピース空賊団の新たな冒険、戦いをオリジナルストーリーで描いている。

 前作同様、RT突入のチャンスゾーンが周期的に訪れる周期チャンスゾーンを搭載。通常時の約100ゲーム周期とボーナス終了後に「ミッションチャンスゾーン」に突入し、このチャンスゾーン中にチェリー役成立でRT「スカイゲーム」に移行する。RTは33ゲームかボーナス当選で終了となる。ボーナス合成確率は1/198.0(設定1)?1/146.3(設定6)。ビッグボーナスの純増は300枚、レギュラーボーナスの純増は最大106枚。

 ゲームストーリーは、デーモン空賊団に支配される5つの国をボーナス当選やミッションクリアによって解放していく。特に、全ての国を解放した状態でRTに突入すると「スカイゲーム ファイナル」となり、この間に敵キャラ・ファルコンに勝利すれば、感動的な「エンディングビッグ」へ。一度解放した国もゲームの展開次第で再び敵の支配下になるなど、ラストエンディングを目指して次の展開、映像を見たくなるストーリー性が特長だ。

 その他、液晶演出パターンは前作の約3倍、リーチ目も4000パターン以上を搭載するなど、あらゆる面で前作を凌ぐクオリティを実現している。

 プレス発表会で挨拶に立った細谷社長は、「主人公のラブとライバルのファルコン、そしてアースとの関係、これらがどうなるのか、シリーズもののアニメーションを見るようなドキドキ感を味わってもらいたい」と述べた。

 納品は4月5日から。

    -新台

    © 2021 グリーンべると