サミーが新カテゴリー「POWERデジハネ」を発表

投稿日:

 サミー(株)では9月13日、本社にてプレス説明会を開き新機種『CRクラッシュバンディクー』シリーズを発表。これに併せて新カテゴリーとなるスペック「POWERデジハネ」の概要に関し説明が行われた。

 同社では従来より確率の甘いスペックを「デジハネ」と位置づけ定期的なリリースを行い、特に『CRチョロQ』以降は安定した設置台数、稼働を誇っていたが、これに現在人気の高い「バトル」タイプのゲーム性を組み合わせたものが「POWERデジハネ」。パチンコ市場において確実にシェアを伸ばす甘デジスペックに対し、ゲーム性の異なる2つの「遊べるスペック」を市場に投入することで一層の活性化を目指したい考えだ。

 今回発表された『CRクラッシュバンディクーKVJ』は「POWERデジハネ」第1弾となる機種で、主人公が敵キャラクターとレースを行う「カッ飛びモード」で勝ち続ける限り確変が継続。同モード敗北後、もしくは通常時いきなり突入する10回転の電チューサポート区間「アクアクタイム」では「アクアク」のセリフにより確変の期待感が変化する。

 一方『CRAデジハネクラッシュバンディクーSTVA』は『北斗の拳』『ガッチャマン』で高い支持を得た大当たり確率約80分の1で2R確変を搭載したタイプ。選択率は低いが15R大当たりも搭載しており、この際の特賞出玉は2250個で出玉感も演出できる。

 なお、納品は両スペックとも10月28日より。

-新台

© 2021 グリーンべると