新枠「烽」で『CR哭きの竜』発表

投稿日:

 (株)サンセイアールアンドディでは8月18?27日、全国各拠点ショールームにおいてパチンコ新機種『CR哭きの竜』シリーズの発表内覧会を開催した。

 パチンコ『CR哭きの竜』シリーズは、昭和60年から「近代麻雀」(竹書房)誌上で連載が開始された能條純一氏原作の漫画「哭きの竜」をモチーフにした機種。同作は現在でも根強いファンが多く、麻雀を題材にした漫画では有名な作品のひとつとなっている。同機では、主人公の天才雀士「竜」が液晶画面上で活躍しゲームを彩る。

 同機から採用されている新枠『烽(NOROSHI)』は、燃え盛る炎をイメージしたフォルムで、側面を光らせるLEDと盤面を取り囲むように配置されたLEDが従来にない光のイルミネーション演出を可能にすることで、島全体に統一感をもたらす。また独立4スピーカーを搭載し、ヤハマ製最新音源チップである『YMZ773』を採用することにより多彩な音楽表現を可能にしている。大当たり中にはあのクリスタルキングの名曲「大都会」が流れ、プライヤーの気分を盛り上げる。

 シリーズは、フル時短タイプの『FNR』(1/350.5)と『ZNR』(1/329.5)、ハーフ時短タイプの『HNR』(1/315.5)の計3機種。納品は最速で9月26日からスタートする予定。

-新台

© 2021 グリーンべると