CR忍者ハットリくん、第3弾はバトルスペック

投稿日:

『CR忍者ハットリくん〜科学忍法VS忍の術〜』

 大一商会はパチンコ新機種『CR忍者ハットリくん〜科学忍法VS忍の術〜』を発表した。
 シリーズ第3弾となる本機はバトルスペックとして登場。メカマロ率いるメカ忍軍とのバトルは、本機のために書き下ろされたオリジナルストーリーだ。
盤面を彩るのは複数の可動役物で構成される“神出鬼没からくり群”。忍×2手裏剣、回転巻物、さらに出現すれば大チャンスのニンニンヒーローフェイス、先読みで活躍する忍ビジョンなどの多彩なアクションが大当たりへの期待感を盛り上げる。
 また、盤面右上の「ライジングアタッカー」は玉こぼれの少ない仕様で、電サポ中の16ラウンド(「BT-S」では12ラウンド)大当たりである「超!電光石火の大当り」時に活躍。電サポ中の大当たりは65%が超!電光石火の大当りとなり、出玉感を演出する。
 スペック面ではループタイプの確変を採用しており、大当たり中のバトル演出に勝利すれば次回まで継続する「超忍バトルモード」に突入。一方敗北した場合は10回転の「メカ忍砦突破モード」となり、ここを突破すれば超忍バトルモードに格上げ、または大当たりとなる。超忍バトルモードのループ率は大当たり確率約1/399の「BL-V」「BL-N」が80%、大当たり確率約1/249の「BT-S」が75%となっている。
 大当たり時の出玉は「BL-V」が2,016or1,512or504個、「BL-N」が2,016or1,512or648個、「BT-S」が1,296個or432個(すべて払出数)。通常大当たり後の時短は10回転(BL-V、BL-N)または55回転(BT-S)。
 納品は6月1日開始予定となっている。

(c) 藤子(A)・シンエイ・小学館

-新台

© 2021 グリーンべると