産業フェア概要決定、約180 社が参加

投稿日:

 今年の8月28日(水)、29日(木)の2日間にわたって幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される『パチンコ・パチスロ産業フェア2002』の開催概要が決定した。主催は全国遊技機組合連合会(松原信男会長、加盟団体/日工組、日電協、全商協、回胴遊商、自動補給、自工会、メダル自動補給工業会、愛知県遊技機材料協同組合)と総合ユニコム株式会社(河崎清志社長)。同フェアは「パチンコ産業の再生とファン拡大」を求めて安心・安全な「NEWパチンコ・NEWパチスロ」の創造をメインテーマに全日遊連、日遊協の後援を得て開催される。

 2日間(初日10時?18時、2日目10時?17時)のフェアではNEWパチンコ745台、NEWパチスロ420台が展示、前回の約1.5 倍のスペースに遊技機メーカー、周辺機器メーカーを中心に約180社が参加、最先端の機器、システムが展示されるほか、同時に開催される各シンポジウム講座では、21世紀の社会と人々と地域から支持される『パチンコ・パチスロの未来戦略』と「たのしく・やさしい・エキサイティングエンターテインメント」としての『ホール経営のニュービジョン』の方向性を探り、新しいパチンコ・パチスロ産業への活力を創造するイベントを予定している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると