「CR魔女っ娘プルルン」で不具合機が発生

投稿日:

 2月12日より市場へ投入された大一商会製の「CR魔女っ娘プルルンL」及び「M」で不具合機が発生し、同社は同13日付で全日遊連に連絡した。

<不具合の内容>

 パーラーにおいて、特別絵柄が変動を開始し、図柄確定時に条件装置が作動することとなる図柄の組合せを表示したにもかかわらず、条件装置が作動(大当り動作)しない症状の不具合が発生。同社でその不具合の報告を受け調査した結果、主基板制御プログラムに今回の不具合の症状を発生させることとなるプログラムのバグが存在することが判明。

<現時点での応急対策>

 当該遊技機の導入見合わせ、また営業の一時停止を要請中。同社の対応としては、代替機種としてミニスカポリスを導入する場合は下記のとおり。その他は個別で対応。

(1)当該機で開店ししている場合

 当該機の機械代は無償とし、次回のミニスカポリス導入に際しても「当該機設置台数分を無償」とする。但し、プルルンが返却されていることが前提条件。取り外した機械は速やかに大一商会へ返却(運賃は弊社負担)。プルルンの本体導入店はミニスカポリスも「本体」にて提供、パネルの場合は「パネル」にて提供。

(2) 当該機の導入(開店)を中止した場合

イ) 2月11日から16日納品分について次回のミニスカポリス導入に際して当該機契約台数分「台当り10万円」値引きする。

ロ) 2月17日納品以降について次回のミニスカポリス導入に際して当該機契約台数分「台当り5万円」値引きする。

(3)当該機の開店チラシ代については請求書に基づき同社にて負担。

(4)出荷済で開店が中止された店の機械は大一商会に返却(運賃は弊社負担)する。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると