太陽グループが帯広市に複合施設をオープン

投稿日:

 北海道でパーラーの多店舗展開をおこなう太陽グループ(札幌市/東原俊郎社長)は11月3日、JR帯広駅北口近くに建設した複合施設ビル「帯広太陽ビル」のオープニングセレモニーと内覧会を開催した。

 この施設は7階建てのビル本体にと駐車場棟で延べ面積は1万7935平方メートル。飲食店、映画館の他に託児施設も完備。併設される「シネマ太陽帯広」は5館計622席のシネコン。同社が映画館を運営するのは函館大門地区に続いて2館目となる。

 東原社長はセレモニーで「駅前の活性化を図ろうと帯広市や熱心に動いていただいた地元の皆さんと取り組んだ」と空洞化する帯広市中心部の活性化に賭ける意気込みを語った。

 なおシネコンのオープンは11月5日に「マトリックス・レボリューションズ」の全世界一斉オープンに合わせてオープン。1階にはパーラーを11月下旬にオープンさせる予定。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると