メーカー動向等をテーマにアヴァンスがセミナー

投稿日:

 (株)アヴァンス(赤沼秀典社長)では6月25日、都内の池之端文化センターにおいて同社開設一周年を記念したセミナーを開催した。

 今回の記念セミナーは3部構成で進められ、第1部は「規則改正の動きとメーカー動向」をテーマに(株)パチンコビレッジの村岡裕之社長が講師を担当。第2部は「データから見たホールの現状」をテーマに(株)ビジョンリサーチ社の桜井一英社長が講師を担当。第3部はパネルディスカッションとして「理想的な店舗づくりとは」をテーマに村岡社長、桜井社長の両氏に加え、フリーライターのリスキー長谷川氏をゲストに、司会をアヴァンスのチャーリー湯谷が担当して行われた。

 とくに第1部で村岡氏は、今年8月1日から変更されるパチスロ機の型式試験申請書について、

「巷ではAT機が出なくなるという噂があるが、それどころの話しではない。例えばビッグボーナス中の押し順ナビに関しても全て申請書に記載しなければならなくなる」

 と危機感を促し、今後はパチンコに目を向けていくべきだと述べた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると