モンスター隊が新宿に出現!

投稿日:

 (株)オリンピアは4月10、11日の両日、パチスロ新機種『マジックモンスター』(4インチ液晶搭載の分離型筐体)の発表に伴うイベントをJR新宿駅東口の新宿ステーションスクウェアにて開催。新機種アピールのためオリジナル缶バッチの配布を行った。

 同イベントでは、新宿ステーションスクウェア内のステージに全長5メートルのパチスロ機(模型)を展示(10日はバッチの配布のみ、模型は幕で覆われていた)。魔女に扮したコンパニオンたちが道行く人にバッチを配り新機種をアピールした。1バッチは全5種類で、1万個を用意している。その他、駅周辺の美化にも貢献。魔女らしくほうきを使い、タバコの吸い殻やゴミなどを掃除する美化活動も行っている。

 ファンに好評だった『トリックモンスター』のキャラクターが再度登場する同機は、Aタイプ-ストック機。約120ゲームに1回訪れるボーナス高確率のレッドゾーン(液晶画面が赤色になる)は、ボーナス確率が約1/30と破格のチャンスゾーン。120ゲームに1回とやめ時が難しく、安定した稼働が見込める「スロットマシーン新方程式」を採用している。

 展示会は4月16日の13時から東京都千代田区の帝国ホテル東京にて開催。当日はライブショーや豪華賞品が当たる抽選会のほか、特典のある先行予約も受け付ける。特典は、(1)マジックモンスター・ガールズの開店サポート (2)開店記念用のサービスグッズとしてオリジナルグッズのプレゼント??となっている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると