地元農家と提携し、お米を景品に

投稿日:

 愛知県内でチェーン展開する玉越グループ(名古屋市)は、県内東加茂郡足助町の米農家と契約し、減農薬栽培米を景品としてチェーン6店舗で提供している。お米は5キロ/500 玉で提供し、多い日では1日30袋前後が持ち帰られる人気景品となっている。店側の利益はほぼゼロの状況という。

 同社はもともと果物やカニなどの一般景品に力を入れており、こうした景品の取扱額は多い日で1日80万円を超えることもある。今後も生鮮食料品など、景品の開発に力を注ぐ。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると