エース電研『CRタイガーマスク』発表

投稿日:

 エース電研は7月12日、東京・上野のショールームにてパチンコ新機種『CRタイガーマスク』シリーズの発表内覧会を開催した。

 同社タイアップ機第2弾となる『CRタイガーマスク』シリーズは、昭和44年にテレビアニメとして放送されるなど当時の少年たちに絶大な人気を誇った「タイガーマスク」がモチーフ。主に30〜40代の男性パチンコファンにアピールする新機種だ。

 前作の『CRベルサイユのばら』では原作の世界観を忠実に再現していたが、同機では2004年版「タイガーマスク」という観点からイラストや大当たり中に流れるテーマソングを現代風にアレンジ。新たな魅力を引き出している。

『CRタイガーマスク』の最大の特長は、タイガーマスクのダイナミックな動きに合わせ液晶画面が回転(画面が横から縦へと90度に動く)することである。特にリーチアクションではタイガーマスクの繰り出す技に合わせて液晶画面が回転することで、迫力あるアクロバティックな動きを再現している。

 また、フルスペックタイプのみに搭載された「確変化」(かくへんげ)は、内部では確変状態でも表面上は時短として見せる演出で、たとえ通常図柄での大当たりで再抽選で確変に昇格しなくても連チャンへの期待が持てる仕様となっている。確変か否かは時短終了後に分かる仕組みになっている。

 その他、前作『CRベルサイユのばら』では大当たり履歴のみ閲覧できたプッシュボタンは、リーチ情報も見ることが可能になった。納品は8月1日から全国でスタートする。

-新台

© 2021 グリーンべると