巨大ドラムが出現!「CRデカインカ」

投稿日:

 パチンコ機メーカーの銀座は新機種『CRデカインカ』シリーズを発表。1月8日にアビリットの東京支社にて内覧会を開催した。同機種の最大の特長は、盤面中央に据えられた巨大ドラムとその脇に配置された7セグだ。

 基本的なゲーム性は、7セグ上に「3」か「7」が全て揃えばリーチに発展。巨大ドラムの演出を経て同一の数字(3か7)が停止すれば大当たりとなる。その他の数字が7セグ上に揃った場合は基本的にはハズレだが、3か7に変動する可能性がある。「3」で通常大当たり、「7」で確変大当たりとなっている。

 演出面では多彩なアクションを搭載。7セグでは「スネーク変動」や「変則変動」など全5種類の変動演出があり、ドラム変動演出には「ノーマル」や「コマ送り」、「逆回転」の3種類が用意されている。その他、ドラムのバックライトを利用した3段階の「ステップアップ予告」や変動開始時にドラムが振動し「DEKAINCA」→「コウモリ」→「ジャガー」→「V」と連続すれば大当たりの期待度が高まる「連続予告」もある。

 通常時ドラムは約1/50で作動し、その場合は約1/6で大当たりの期待が持てる。そのため最大の特長であるドラム演出が発生した時が最もプレイヤーにとって熱い瞬間となる。

 スペックは、フル・ハーフスペックに加え、新内規対応機も発表している。導入は1月25日より開始される。

◆スペック
NH3……大当たり確率:1/344.3(高確率時:1/60.8)、確変突入率:1/2、時短:全ての大当たり終了後100回、賞球数:4&13&15、ラウンド数:15R(9カウント)

NK3……大当たり確率:1/322.3(高確率時:1/60.4)、確変突入率:1/2、時短:確変大当たり終了後100回、賞球数:4&13&15、ラウンド数:15R(9カウント)

NS ……大当たり確率:1/317.6(高確率時:1/59.5)、確変突入率:1/1(ST40回)、時短:ドラム数字が7はST後100回・3の場合はST後30回、賞球数:4&13&15、ラウンド数:15R(9カウント)

-新台

© 2020 グリーンべると