京都の販社が脱税で追徴課税

投稿日:

 12月14日付時事通信によると、法人税約1億1600万円を脱税した法人税法違反の疑いで、京都市のパチンコ・パチスロ販売会社のシークおよび同社の伊山社長が14日、大阪国税局から京都地裁に告発されていたことが分かった。重加算税を含めた追徴課税は約1 億7200万円。同社は修正申告に応じた模様だ。

 同社の実際の所得は05年3月期までの3年間で約10億4000万円。うち約3億8900万円を隠していたという。

-業界ニュース

© 2023 グリーンべると(パチンコ・パチスロ業界メディア) Powered by AFFINGER5