セガサミーが社会人野球参入、監督に青島健太氏

投稿日:

 セガサミーホールディングスでは8月31日、都内ホテルにおいて社会人野球部創設に伴う記者会見を行った。

 創設された「セガサミー野球部」は、監督に元プロ野球選手で引退後はスポーツジャーナリストとして活躍中の青島健太氏を招聘。今後は東京都に登録し、来年の都市対抗野球、日本選手権などの日本野球連盟主催の各大会への出場を目指す予定。部員は高卒、大卒の選手を中心に獲得し、年内中には20〜30名程の部員を集め、年明けから活動を開始していく。

 会見でははじめに里見会長兼社長が、「セガサミー野球部をグループのシンボル的な存在と位置づけ、いつの時代もエンタテインメントを提供し続けるという経営理念に基づく施策として創設した。また企業姿勢を広く知って頂き一人でも多く皆様に夢と感動を与えたいと考えている」と挨拶。

 青島健太監督は、「社会人野球は厳しい状況ですが、しっかりとしたチームを作り社会人野球を守ろうという里見会長の考えをお聞きして喜んで引き受けさせて頂いた。強いチーム作りだけでなく社会人としてしっかりとした集団を作り、仕事でも戦力になるという社会人野球の原点を目指したい」と、チーム方針について述べた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると