遊技機メーカーが第1四半期の業績を発表

投稿日:

 遊技機メーカーの上場各社は2005年第1四半期(4〜6月期)の業績を発表した。各社ともパーラーの旧要件機から新要件機への切り替え需要が後押ししパチンコ事業が堅調。一方、パチスロ事業では、新要件パチスロ機の適合がないなかで、持ちゴマ数の差が業績を左右した。

 セガサミーホールディングスの2005年第1四半期の業績(連結)は、売上高1005億2800万円、営業利益175億9200万円、経常利益170億9200億円となった。同期は、ロデオブランドのパチスロ機『オニムシャ3』や人気パチンコ機『海物語』のタイアップした『パチスロ海物語』などが好調で、パチスロ機全体で15万3000台を販売した。パチンコ機では、新筐体第1弾の『CRチョロQ』が2万5000台の販売となった。同期業績の対前年比は昨年10月にセガとサミーが統合してから初の第1四半期の業績となるため発表されていないが、同社では「概ね計画どおりに推移している」としている。

 SANKYOの同期業績(連結)は、売上高441億8800万円(前年同期比74.2%増)、営業利益149億6800万円(同200.3%増)、経常利益160億2100万円(同165.9%)となった。同期間中は、新規パチスロ機の市場投入はなかったものの、パチンコ機の『CRフィーバー湯けむり紀行』や『CRフィーバー宝船』など発表した新機種4シリーズが好評。また昨年12月に発売した『CR新世紀エヴァンゲリオン』がロングヒットとなり、業績は堅調に推移した。

 平和の同期業績(連結)は、売上高191億9100万円、営業利益27億5200万円、経常利益21億9100万円となった。主力のパチンコ事業では、3月に『CRドロンジョにおまかせ』、5月に『CRサバンナキング』の2シリーズを中心に販売、パチスロ事業では自社開発機第1弾となる『雷蔵伝』を4月に発売した。

 アルゼの同期業績(連結)は、売上高114億478万円(同10.9%減)、営業損益18億9000万円、経常損益30億2600万円となり、厳しい結果となった。主力となるパチスロ事業では、新要件パチスロ機の適合ができず、販売機種は『ゴールドXR』のみとなり、パチンコ事業でも新機種『CRパワーゴットゲーム』の販売開始が当初計画より遅れたため、売上げ計画を大きく下回った。

 タイヨーエレックの同期業績(非連結)は、売上高78億6900万円(同249.3%増)、営業利益7億9900万円、経常利益7億9700万円となった。アニメキャラクターとタイアップしたパチンコ新機種『CRシンデレラボーイ』の販売が順調に推移した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると