SANKYOがパチンコ・パチスロ機を同時発表へ

投稿日:

 SANKYOは7月7日、全国7大都市でパチンコ新機種『CRフィーバー吉田拓郎の夏休みがいっぱい』とパチスロ新機種『夢夢ワールドDX』の発表展示会を開催した。

 『CRフィーバー吉田拓郎の夏休みがいっぱい』は、フォークの大御所である吉田拓郎氏をモチーフとし、「夏休み」、「結婚しようよ」、「となりの町のお嬢さん」などのヒットナンバーを収録。シリーズは『SF-T』(大当たり確率1/397.2、確変突入率58.8%)と『MF-T』(大当たり確率1/343.1、確変突入率54.8%)の2タイプが用意されており、いずれも突確タイプとなっている。

 一方、パチスロ『夢夢ワールドDX』は従来のパチスロ機のリール部分に15インチ液晶「インフィニティビジョン」を搭載しており、迫力ある演出が最大の特長。ヒット機『ボンバーパワフル』に続くストック機(B-400タイプ)で、モードの移行次第ではボーナスの連チャンが期待できる仕様。お馴染みの夢夢ちゃんが様々な演出ステージを移行するほか、ミニゲームも用意されるなど、通常時に飽きさせない演出が多数用意されている。

    -新台

    © 2021 グリーンべると