都内遊技場組合等が重症心身障害者施設に寄付

投稿日:

 重症心身障害者が入院、利用する社会福祉法人・島田療育センター(東京・多摩市)を支援するため、都内の遊技場組合等から平成16年度中に寄せられた募金が1月28日、島田療育センターを守る会(稲葉憲司代表世話人)を通して、同センターに寄贈された。

 この寄付活動は、都内の業界関係者有志で組織される『守る会』が昭和50年から実施しているもので、平成16年中は都遊連傘下の36の遊技場組合と神奈川県遊協傘下の1組合のほか、業界関連団体4団体から計643万8506円が寄せられた。

 寄付をうけて島田療育センターの木実谷哲史院長は、「昭和50年から毎年、一年も欠かさず寄付をいただき大変感謝している。累計総額も1億8000万円を超えた。一時は運営が危ない時もあったが、守る会のおかげで本日まで運営できている。子供達に還元できるよう有効に使っていきたい」などと謝辞を述べた。

 『守る会』は今回の募金活動のほか、センター最大のイベントでもある『わいわい祭り』等にも参加するなど、物心両面でセンターを支援している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると