オリンピアが伊勢崎に工場新設

投稿日:

 (株)オリンピア(東京都台東区、石原昌幸社長)は1月21日、群馬県企業局の伊勢崎三和工業団地(群馬県伊勢崎市三和町)に建設している新工場で、300人程度を雇用する方針を明らかにした。合わせて同日、工場に隣接する団地内に1万5000平方メートルの倉庫用地を取得した。1月22日付けの上毛新聞などが報じた。

 新工場は敷地面積3万3000平方メートル、延べ床面積1万6500平方メートルで、今年3月末からの稼働開始を予定している。

 なお、雇用形態については現在検討中で、3月から募集を始める計画。伊勢崎市日乃出町にある既存の工場は新工場に統合するが、雇用数は日乃出工場の最大時の2倍の規模となる見通し。

 倉庫用地については2月中に着工し、今年9月完成の予定。外部委託していた製品のストック機能を事前に切り替え物流の効率化を図る。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると