エンビズ総研、女性限定セミナー開催

投稿日:

 業界シンクタンクのエンタテインメントビジネス総合研究所では2月23日、パーラーで働く女性スタッフを対象に『女性スタッフが輝くお店』と題した月例セミナーを開催した。

 講師は、大阪の大手パーラーチェーンで副店長などの経歴を持つエンビズ総研大阪支社の古田裕見子コンサルタント。セミナーには大手チェーンから中小企業まで、女性の採用や起用に意欲的なパーラーから計16名の女性スタッフが参加した。

 古田氏は、女性スタッフが活躍した事例する一方で、男性社員や上司から意見を反対された場合の対応として「周りを見方につけることも大切」と円滑に仕事を進めるコツなどを紹介した。また、女性スタッフが玉箱を3箱持ち上げて運ぶなどして逆にお客様に気を使わせた例を挙げ、「出来ることとお客様がしてほしいことはイコールではない。客観的に自分を見直すことも重要だ」と述べた。

 セミナーではそのほか、受講者同士がグループになり、これまで受けた心地よかったサービスなどを出し合い、どうすればパーラーの現場に反映できるかなどのディスカッションがおこなわれたほか、後半では、きれいに見せる立ち姿勢やお辞儀、ウォーキングスタイルのテクニックや顔の表情を豊かにするトレーニング方法などが紹介され、受講者も実際に身体を動かし、細かなテクニックを学んだ。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると