分煙がコンセプト、ピーアーク長沼店

投稿日:

 首都圏でチェーン展開するピーアークホールディングスの最新店《ピーアーク長沼》=千葉県稲毛区長沼町=が12月16日にオープンした。

 同店はピーアークの37店舗目の新店で、パチンコ320台、パチスロ200台の中型ロードサイド店舗ながら、多様な特長を備えている。まず環境面では、台間空気清浄機を導入、休憩コーナーは禁煙コーナーと喫煙コーナーの2つに分煙することにより、喫煙者と非喫煙者の両方に配慮した。

 禁煙コーナー内には全国のパーラー初導入となる『am/pmオートマチック・スーパーデリス』を3台設置し、おにぎりやサンドイッチなどam/pmの売れ筋人気アイテムを108点提供、ファンはいつでも好きな時に食品を購入できる。また禁煙コーナーにはマッサージチェアを準備、肩や腰に疲れを感じた人はいつでも使用が可能となっている。

 今回同店がオープンした長沼地区は大型商業施設が集中する地域だが、同店はドン・キホーテと同一敷地内にあり、景品コーナー内にドン・キホーテの人気アイテムを設置することによって、一般景品に対する注目度を高めると同時にお互いの相乗効果による来店客のアップを目指している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると