新興3市場中間期改善額で業界企業が1位、2位独占

投稿日:

 東京証券取引所マザーズ、ジャスダック、大阪証券取引所ヘラクレスの新興3市場に上場する企業の2006年9月中間決算にみる対前年比経常損益の改善額ランキングで1位、2位を業界企業が独占していたことが分かった。12月8日付日本経済新聞が報じている。

 1位となったのはアルゼ。その改善額は39億4700万円で、前年中間期66億7800万円の経常赤字が今年中間期では27億3100万円まで赤字額を縮小させている。また2位のフィールズの改善額は31億7400万円で、今期中間期の経常利益を49億8000万円まで伸ばしている。

 新興3市場における改善額のトップ10企業は次のとおり。
1位 アルゼ
2位 フィールズ
3位 エイチワン
4位 サンフロンティア不動産
5位 第一興商
6位 WOWOW
7位 SES
8位 T・ZONE
9位 SIA
10位 大崎エイジ

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると