京都のパーラー28億円の脱税で経営陣逮捕

投稿日:

 京都、大阪両府内で5店舗のパーラーを経営する《山村グループ》(京都市右京区)が、法人と個人あわせて約79億円の所得を隠し、計約28億円を脱税していた容疑で大阪地検特捜部は9月12日、経営トップら5人を法人税法および所得税法違反容疑で逮捕したと、各新聞が報じた。

 報道によると同グループは大阪府枚方市内の1店舗と京都市内などにある4店舗。大阪の店舗はグループトップの崔大秀容疑者(69)と崔容疑者の三男の日載容疑者(35)が経営。京都の4店舗は同社関連の店舗として長男の允載容疑者(42)、二男の英載容疑者(39)、それに崔容疑者の弟の大造容疑者(66)が個人で経営にあたっていた。

 法人税法違反の容疑をかけられているのは崔容疑者と三男の日載容疑者。2005年11月期までの3年間で法人税約4億6700万円を免れた疑いが持たれている。一方、所得税法違反の容疑で逮捕された允載容疑者、英載容疑者、大造容疑者は05年までの3年間にわたり4店舗で所得税約23億3000万円を脱税した疑いだ。

 特捜部と国税局の合同捜索は今年5月に着手されていたが、その際に数カ所から金塊計約400キロ(当時約10億円相当)が見つかっていたという。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると