ネイチャー・アセスメントが『バミューダ』発表

投稿日:

 パチスロ機メーカーのネイチャー・アセスメントでは、参入第2弾となる新機種『バミューダ』を発表した。

 同機はわかりやすくシンプルな、昔ながらのパチスロの楽しさをコンセプトに採用。そのイメージを強調するためパネルデザインも3号機時代を想起させるような、シンプルなものとした。

 スイカ、プラムの両小役をボーナス同時抽選役として採用し、約2500パターンという豊富なリーチ目、チャンス目を誇る。これらの出目には機種名に因んだ三角形(同一図柄の大山型、大V字型)が採用されているのが特長だ。

 一方、これまでの完全告知タイプとは一線を画す「ボーナス確認機能」を搭載。これはプレイヤーが任意のタイミングで1BETボタンを押すことにより、リール右のランプでボーナス成立か否かがチェックできる機能。なお、ボーナス成立5ゲーム後にはボタン操作に関わらずランプが点灯する準完全告知機となっている。

 ボーナス時の獲得枚数はBIGが約351枚、REGが約104枚。RT等の付加機能を付与しないスタンダードなスペックだ。納品開始は12月1日からを予定している。

    -新台

    © 2021 グリーンべると