不正ロム設置でパーラー役員らを書類送検

投稿日:

 神奈川県警生活保安課と港北署は9月5日、風適法違反(構造設備の無承認変更)容疑でパーラー経営・高田物産と遊技機販売業者・マーテックの2社と両社の役員ら3人を書類送検した。9月6日付け東京新聞横浜版が報じた。

 調べによると、3人は共謀して今年5月10日、パチスロ12台の基板部分に違法なプログラムを読み込ませたICチップと交換し、不正に儲けを出そうとしていた疑い。今回の事件について、同課では「基板内部のプログラムを変更するのは珍しいケース」と話している。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると