ダイナムが07年度入社式を開催

投稿日:

 大手パーラーのダイナム(佐藤公平社長)は4月2日、静岡県伊東市の同社伊豆高原研修所・天麗301で2007年度の新入社員入社式を開催。 今年度は、大学院卒4名、大卒235名、短大・専門卒38名、高等学校卒27名の計304名の新卒者を採用した。

 入社式の冒頭、佐藤社長は現在の業界内で問題とされている射幸性について触れ、「昨今の業界は、射幸性の高い方向性から社会へ与える影響も大きくなり、その原点をどうあるべきかを考えるとき。今後はパチンコがスーパーやコンビニのように大衆へ一般的なものとして認知されるよう目指したい」と述べるとともに、「パチンコ業界にはさまざまな困難があるが、その困難を乗り切るためには小さな勇気が必要。さらに大きな困難に立ち止まった時には、同じ志を持った仲間とともに壁を乗り越え成長してほしい」と新入社員へエールを贈った。

 また、新入社員を代表して石木克己さんが「私達はまだ学窓を巣立ちまもない未熟者ばかりです。数多くの失敗もあると思いますが、それも糧として頑張りたいとおもいます」と決意を述べた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると