演歌歌手・都はるみ、パチスロでもオンステージ

投稿日:

 ヤーマは3月9日、都内港区の東京プリンスホテルでパチスロ新機種『やったネ!はるみちゃん』シリーズのプレス発表・展示会を開催した。

 同社第4弾となる同機は、国民的演歌歌手の都はるみさんを起用した初の芸能人タイアップ機。都はるみさんの名曲「北の宿から」や「アンコ椿は恋の花」、「惚れちゃったんだヨ」などが収録されているほか、従来機にも搭載されていた演出選択システムを継承。通常画面で1BETボタンを押すことで、パチンコ演出系の横スクロールモード「宴」や、都はるみさんが液晶全体に映し出されれることでボーナスを告知する完全告知モード「静」など全6モードを搭載している。

 また同シリーズは、パチスロながら同一タイトルでスペックの異なる4機種をリリースした点が特徴。出玉性能に比重を置いたヘビーユーザー向けの『やったネ!はるみちゃん』は、純増枚数約350枚の3種類のBBを搭載。BB後は1G当たり1.5枚の純増が見込めるART(=アシストリプレイタイム)に突入し、「はるみ・はるみ・都」揃いなら1555G、「都」図柄揃いなら555Gサポートし、ボーナス成立or規定G数の完走orパンク役の入賞で終了する。「はるみ」図柄揃いはRTなし。設定は6段階で、ボーナス合成確率が1/481(設定1)〜1/455(設定6)、1000円あたりのゲーム数は33G。

 技術介入を要さないライトユーザー向け『やったネ!はるみちゃん2』は、純増枚数約310枚の3種類のBBを搭載。BB後は1G当たり0.85枚の純増が見込めるFRT(=フリーリプレイタイム)に突入し、「はるみ・はるみ・都」揃いなら3333G、「都」図柄揃いなら222Gサポートし、ボーナス成立or完走で終了する(はるみ図柄揃いはRTなし)。設定は3段階で、ボーナス合成確率が1/468(設定1)〜1/390(設定3)、1000円あたりのゲーム数は40G。

 メインタイプでビギナー層に向けた『やったネ!はるみちゃん4』と30φ仕様の『やったネ!はるみちゃん-30』は、純増枚数約312枚の2種類のBBと同約221枚のCBを搭載。BB後はメダルを減らさずにプレイできるMRT(=マイルドリプレイタイム)に突入し、「都」図柄揃いなら次回ボーナスまで、「はるみ」図柄揃いなら77Gサポートする。設定は3段階で、ボーナス合成確率が1/248(設定1)〜1/210(設定3)、1000円あたりのゲーム数は34G。

 なお、納品はいずれも4月15日からスタートする予定。

-新台

© 2021 グリーンべると